酵素ダイエットは痩せる効果が期待できない理由

酵素ダイエット_痩せない

酵素は「私達の生活に欠かせないもの」です。

食事の面では、炭水化物・タンパク質・脂肪・ビタミン・ミネラルの5大栄養素が効率よく吸収される為に「酵素」が必要です。

食べ物に含まれる「食物酵素」に関しては、発酵食品(納豆、みそ)や新鮮な食べ物(肉・魚、生野菜・果物)等に含まれています。そして酵素は食物酵素を含む食事により体内で生成されるのです。

酵素とダイエット

酵素とは、ミネラルにタンパク質が付随したものです。

そして酵素は1つの種類だけではなく3000種類以上も確認されています。これらの酵素は単体で働くというよりは複数の酵素により効果的に作用するのです。

つまり、ダイエットの為に過度に酵素を取ることは、栄養が増えて太る原因にもなります。またダイエットに必要な酵素を取ることも難しいのです。

因みに酵素の作用には、

  • 消化の改善
  • 皮膚の代謝(ターン・オーバー)
  • 血液の循環
  • (筋肉や呼吸をする際の)体のエネルギー
  • 筋肉や骨
  • 髪の毛のタンパク質の生成
  • 抗酸化

に関わる働きもあります。

代謝酵素とダイエット

運動量の面では、私達が体を動かす必要最小限のエネルギー量のことを「基礎代謝」と言います。消化酵素の働きにより食物をエネルギーに変えたら、代謝酵素により体の機能を補います。

その機能には、呼吸・内臓機能の働き・体温の維持・健康の維持(ウイルスからも身を守る等)があり、基礎代謝も使われています。基礎代謝によるエネルギー消費量は6~7割です。

それなら「基礎代謝量も上げれば痩せられる」と思う人も多いでしょう。しかし、基礎代謝量を上げるための方法の一つには「筋肉量を上げること」がありますが、筋肉量を1㎏上げることはボディビルダーのように経験を積んだ人でも非常に難しいことですので、一般的な、特に女性にとってはあまり期待できないことと言えるでしょう。

また、筋肉は1kgアップしても1日10~30kcal程度しか消費できません。

つまり体のエネルギーに必要な代謝酵素を得て基礎代謝量を上げようとしても、それが直接ダイエットに繋がることは少ないのです。

酵素の副作用

それでも体に良いと思って「自然由来の濃度の濃い酵素が摂れるサプリメントやドリンク」を飲むことは、アレルギー・花粉症の症状が強く出て、痒みや湿疹・咳・腹痛・下痢等の症状を引き起こすことがあります。

また低血糖で頭痛やめまい・眠気や倦怠感に苛まれることもあるので「アレルギー持ちや花粉症の方」は注意しましょう。

まとめ

人気生活情報番組「ためしてガッテン(2011年1月6放送) 」の実験でも、「太っていたり・筋肉が無い人の方が基礎代謝量がある場合もある」ことが分かりました。

つまり、酵素は「体の栄養を効率よく吸収して健康的な体に整え、体に必要な機能をサポートする役割」で合って、それが直接ダイエットに繋がるわけではないのです。

ダイエットをしたいのであれば「細かな運動量を増やしたり、高カロリーの食事はカロリーが低い食べ物に変えて一日の摂取カロリーを抑える」必要があります。

酵素は、あくまでも免疫力の向上・美しい肌・健康的な生活等をサポートするだけなので、ダイエットには運動量と食事内容の改善が行われることで美しい体型に整えることができるでしょう。

プロテインダイエットで痩せた奴が周りにいないのに、なぜか痩せると信じているアナタへ

プロテインダイエット_痩せない

プロティンダイエットをしたけど痩せない」と周りの人から聞いたことはありませんか。しかし、アナタが「痩せないのは体質のせいだろう」と思っているとしたら、大きな勘違いです。

実は、プロティンを飲むだけでは痩せないのが現実なのです。それは、どうしてなのかを解説します。

プロテインは痩せるための栄養素ではなく、ただのタンパク質

プロティンダイエットが流行ったとき、「飲むだけで痩せる!」という謳い文句がCMや広告に数多く掲載されていました。ですから、多くの人たちがプロティンは痩せる栄養素なのだと思い込んでしまったことでしょう。

しかし、プロティンとは英語で「タンパク質」のことです。プロティンの正体は、私たちの誰もが知っているタンパク質だったのです。

タンパク質は、生命を維持するために必要不可欠なものであり、筋肉や皮膚、髪などを作る作用があるといわれています。また、ホルモンや神経を正常に保ってくれる役割もあるため、不足すると心身に大きな影響を及ぼします。

つまり、タンパク質は私たちが生きるうえでの重要な栄養素であり、それだけで痩せることはできないのです。

プロテインを飲むだけでは痩せない理由

プロティンを飲むと代謝がアップするので、痩せると聞いたことがあるけれど…と言う人もいることでしょう。また、食事と置き換えることで、痩せると書いてあったのを見たという人もいるかもしれません。

しかし、これらも誤解による情報なのです。その詳細を、以下に見て行きましょう。

プロテインのみでは代謝アップの効果がない

プロティンは、代謝アップをさせるのではなく、筋肉を維持する働きがあります。つまり、筋肉量を増やしてくれるわけではないのです。代謝アップができるのは、筋肉量が増えたときです。筋肉量は、自然に消費されるエネルギーである基礎代謝量と密接な関係があります。そして、基礎代謝の多くは、筋肉で消費されているのです。そのため、筋肉量が増加すれば、基礎代謝量がアップすると言えます。

適度な運動をすると、基礎代謝量がアップしやすくなるため、運動と並行しながらプロティンを飲むことで、ダイエット効果が期待できるのです。

バランスを考えずにプロテインを飲んでも痩せない

プロティンダイエットは、1食を置き換えて飲むことが基本ですが、それだけでは痩せません。プロティン以外の食事で糖質が多いものを摂っていたり、食べ過ぎたりしているとカロリーがオーバーになり、逆に太ってしまうことがあります。

プロティンダイエットを行うときには、他の食事の摂取カロリーも視野に入れ、把握しておくことが大切です。特に、糖質は脂肪がたまりやすいので、1日の糖質摂取量は、「体重×1g以内」を目安にしましょう。

アラサー女子が体験した効果的なダイエット法の数々を体験談として語っていきます

ダイエット体験談

ダイエットを始めたきっかけは姉が持ち帰る健康食品

当サイトを訪問してくださり、ありがとうございます^^

このサイトでは、アラサー女子(独身・彼氏なし)の私ちえみが体験した様々なダイエットの成功・失敗体験談と、ダイエット効果の解説をしていくサイトです。

正直に私のスペックを記すと、、、

  • 年齢・・・30歳♀
  • 身長・・・160cm
  • 体重・・・56キロ
  • 慢性的な肩こり、冷え性持ち

といった感じで、めちゃめちゃ太ってるのを想像した方、すみません(汗)。でもちょいポッチャリ系(体脂肪多め)です。はい。

数字だけ見るとそこまで激太りしているわけではない私がダイエットを始めたのは、姉が時々家に持って帰ってくる健康食品の試供品を食べたことがきっかけです。

姉は某健康食品メーカーの営業スタッフで、店頭や営業先で配る試供品の余りを家に持って帰ってくることが多く、当時、上京して姉と2人暮らしの大学生でお金があまりなかった私は姉が持って帰ってくる健康食品の試供品にだいぶ助けられていました。

そして、朝食と昼食は外で食べ、夜は姉が持ち帰った試供品を食べる日々を続けていると、あることに気づきました。

体重が逆に増えていることに・・・。

健康食品だから食べても太らないどころか美味しく食べれて痩せれるので一石二鳥!とばかりに食べていたのですが、余裕で5キロほど太っていました。

そんな体験から、

  • 健康食品やダイエット食品って本当に痩せるの?
  • リバウンドしないダイエットや美容法はないの?
  • ずぼらな私でも続けられるダイエット法の追及

といったことを考えるようになりました。そして、痩せボディを目指し、20代は学業や仕事の合間を縫って様々なダイエット法を体験してきました。そんな体験を徒然と語っていきます。

健康食品・ダイエット食品に求める効果

前提として、食べるだけで痩せるといった類の健康食品やダイエット食品はおそらく存在しないんじゃないかな、と思います。基本的に1日の消費カロリーを上回った時点で痩せることはないからです。

なので、健康食品やダイエット食品を使用したダイエットの場合は、以下の効果があるかどうかが重要です。

  • それを食べること・飲むことによって空腹感が紛れ、結果的にトータルの摂取カロリーを減らせるか
  • それを食べること・飲むことによって基礎代謝かカロリー消費効率が上がり、食べる・飲むことで得たカロリー分以上のカロリー削減効果があるか

前者はわかりやすいですよね。満腹感を得られることで、1日の食べる量が減るイメージです。後者は少しイメージしづらいと思いますが、例えば運動前なんかに摂取することによって、摂取しないまま運動をするよりも遥かに消費カロリーが増すような食べ物や飲み物などをイメージすると分かりやすいかもしれません。

ブラックコーヒーのカフェインなんかはまさにそれで、運動前にブラックコーヒーを飲むとカフェインが交感神経を刺激し、ドーパミンやアドレナリンを出すことで脂肪燃焼効果が高まったりします。

もちろん、運動の効率を上げるだけでなく、普段の基礎代謝を上げたり、排便を促したりする効果もダイエットに繋がりますので、健康食品・ダイエット食品に求められる効果の1つです。

私がおすすめする健康食品・ダイエット食品

おすすめの効果がある青汁

健康食品・ダイエット食品を食べ続けて逆に太った(笑)私がおすすめできる健康食品・ダイエット食品は青汁とスムージーです。

この両者はさきほど書いた、飲むことで満腹感が得られてトータルのカロリーが減る効果と、代謝を高めたり消費カロリーを高めたりする効果の両方を得られると思います。

そして、何よりもただ飲むだけという気軽さが良かったと自覚しています。

実際に姉が試供品で持ち帰ってきた青汁を飲んでいた時期はドカっと体重が減りましたし、食べる前に飲んだら夕食があまり食べれないほどに満腹感を得られました。正直、姉の会社は多くの健康食品を扱っている会社のため、青汁も何種類か飲んだと思いますが、実際に痩せられた青汁は覚えておらず、姉に聞いてもわからずじまいでした。

青汁 ダイエット おすすめでネット検索したりして探してみましたが、正直種類が多すぎるのと、どれも一長一短があったり、体調や生活スタイルなどによっても合う合わないがあるような気がしています。

なので、まずは自分の体調や生活スタイルに合ったダイエット法を見つけて行き、無理のない気軽に手軽に行えるダイエットを探してみるのが1番な気がしています。

むやみやたらにダイエットをするのだけは避けましょう。

そこでこのサイトの記事内では、

  • 体験した結果痩せた体重と、実際に行った手順
  • 該当のダイエット法を行う上で注意すべき点
  • おすすめの人や、おすすめの方法

などを紹介できるよう心がけています。ぜひ、自分に合ったダイエット法を見つけてくださいね。

「香りで痩せる?!アロマダイエット~心も体もハッピーケア~」

アロマダイエット

「今年こそ痩せたい!」と気合を入れて運動や食事制限をしてもなかなか続けられない…そんなことはありませんか?なかなか続けられない理由の一つとして、続けることが大変なダイエット方法を選んでいませんか?一度は気合を入れて運動や食事制限をし始めたけれども、そもそもそんなに楽しくない、むしろ苦痛・大変なダイエットはなかなか続けられないもの。

そんなあなたに是非おすすめなのが「アロマダイエット」です。

 アロマダイエットって?

アロマダイエットとは、アロマテラピーを使ったダイエット方法です。2014年の「たけし健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で認知症療法としてのアロマテラピーの活用が有名になりましたが、アロマテラピーは使うエッセンシャルオイルによって様々な効果が期待できます。もちろんダイエットにも効果的な香りがあるのです。

アロマダイエットって効くの?

運動や食事制限ではない方法で痩せるなんて嘘みたい!そんな風に思っておりませんか?もちろん、ダイエットの基本となる、適切な運動・適切な食事・規則正しい生活習慣のバランスが大きく崩れていては見直しが必要です。しかし、「苦痛なく、気持ちが晴れやかになり、手軽に取り入れられるダイエット方法」があったら取り入れてみたいと思いませんか?

アロマがダイエットに効果的な理由の秘密は自律神経への働きかけにあります。

 

自律神経を整えて燃焼しやすい体作り

アロマテラピーの大きな効果の一つとして、自律神経を整えてくれる効果があります。

自律神経とは、交感神経と副交感神経の二つの働きをする神経から成り立っており、簡単に言うと交感神経は活動モード、副交感神経はお休みモードというような神経で、この2つの神経がバランスを取ることによって私たちは健康を維持しています。そして、この自律神経が乱れてくると様々な不調が体に現れてくるのですが、実はこの自律神経が乱れることで体に脂肪がたまりやすく、特におなか周りに脂肪が付きやすくなってしまいます。ですから、逆に自律神経を整えることにより太りにくい体作りができ、脂肪が燃焼しやすくなるのです。一見間接的ですぐに効果が出なそうなメカニズムに見えるかもしれませんが、自律神経を整えるということは、体のすべての健康を整えることともいえます。香りの力を借りて、太りにくい体作りができ、且つ健康になれるのです。

また、特定の香りには交感神経を活性化させることによって中性脂肪を燃焼させるたんぱく質「UCP」の現を促すアロマもあるのです。

 

どんなアロマがダイエットにいいの?

それでは具体的にどんなアロマがダイエットに効くのかを紹介していきます。

 

グレープフルーツ・柑橘系(オレンジ・レモンなど)のアロマ

グレープフルーツはアロマダイエットの中では一番知られているアロマかもしれません。

柑橘系やグレープフルーツは、皮をそのままアロマにしたような、とってもフレッシュな香りです。このフレッシュな香りで気持ちまでも明るくなりますね。

柑橘系のアロマは血液やリンパの流れを促進して余分な水分や老廃物を排出してくれる働きがあります。柑橘系のアロマにはリモネンという成分が含まれており、このリモネンが自律神経に働きかけることにより食欲が減ったり、胃腸の働きを整えたりという効果が期待できます。

グレープフルーツは交感神経を活性化し、脂肪の燃焼にや体重減少に働きかけてくれます。

グレープフルーツや柑橘系のアロマは、アロマバスやディフューザーなどでの香りの吸引、マッサージの為のトリートメントオイルを手作りして、気になる部分のマッサージも効果的ですね。トリートメントオイルは植物性の希釈用キャリアオイルを使い、濃度が1パーセント未満になるようにキャリアオイルにエッセンシャルオイルを加えて作ります。(例:キャリアオイル5mlにエッセンシャルオイル1滴)。注意する点は、トリートメントオイルは、その都度使い切るのがベストです。又、柑橘系のエッセンシャルオイルは光毒性がありますので、肌に使う場合は12時間は塗った場所の直射日光を避けてお使いください。また、皮膚に使う場合は使用前に必ずパッチテストをしてから使用しましょう。

ペパーミント

ペパーミントは歯磨き粉やガムでよく使われるのでおなじみの香りかもしれませんね。とっても清涼感のある強いクールな香りは、交感神経に働きかけ意識をハッキリスッキリさせてくれます。ペパーミントは消化の促進に働きかけてくれたり、その強い香りから食欲を押さえてくれたり、空腹感を紛らわせたりしてくれます。そのため、おすすめの使い方は、食前やおなかがすいたときにペパーミントのアロマの香りをかぐことがおすすめですね。

 ラベンダー

ラベンダーはアロマの中では王道と言われる、落ち着くフローラルな香りです。なぜこのラベンダーをダイエットアロマとするのかというと、自律神経を整える為にとても役に立つアロマのうちの一つだからです。今まで上げたグレープフルーツや柑橘系、ペパーミントのアロマは交感神経の働きを促進するのですが、自律神経は交感神経と副交感神経がうまくバランスを取ることで健康に過ごすことができ、ダイエットをする体を整えていきます。

交感神経だけに働きかけるばかりでは、自律神経のバランスを崩してしまいます。ラベンダーは、副交感神経の働きを促進して、気持ちを穏やかにリラックスへと導いたり、ストレスを和らげてくれる働きがあります。そのため、効果的に使うことで自律神経のバランスを整えたり、ストレスによるやけ食いなどのリバウンドを予防してくれたり、うまく効果が出ないことによるイライラなどを防止してくれたりという効果が期待できます。使う時間帯がとても重要で、就寝前にラベンダーの香りをかぐことで上に書いた効果を最大限に発揮してくれます。

 

筆者おすすめアロマダイエットレシピ

起床時:ペパーミント+グレープフルーツの香りをかぐ

空腹時・食前:ペパーミントの香りをかぐ

帰宅後:グレープフルーツか柑橘系のアロマをディフューザー

入浴時:グレープフルーツか柑橘系のアロマバス

入浴後:グレープフルーツとキャリアオイルで作成したトリートメントオイルで気になる部分をマッサージ

就寝前:ラベンダーの香りをかぐ

 

あくまでも筆者のおすすめなので、いろいろご自身のアイディアで試してみてくださいね^^

 

今回はアロマダイエット初心者さん向けに、アロマの中でもわかりやすいみなさんどこかで聞いたことのあるアロマを取り上げました。アロマはとても奥深く、まだまだ様々な精油を使ったダイエット方法がたくさんあります。まずは基本的なアロマから入られると手軽に取り入れられて挫折を防ぐことができるでしょう。

 

まとめ:アロマダイエットはダイエットに効果的

辛いダイエット、今年も挫折しちゃった…。こんな気持ちを毎年積み重ねていませんか?この負の気持ちの積み重ねが、「ダイエットがいつまでの成功しないマインド」を築き上げていることにお気づきでしょうか?このマインドの積み重ねを、今年こそアロマダイエットで改革していきましょう!継続は力なり、香りをかぐだけからはじめられるアロマダイエット、そしてダイエットだけではなく日々の健康な体作りに是非毎日の習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか?香りを楽しみ、香りで毎日をハッピーに、ハッピーでいながら美しい体を手に入れましょう♪

参考書籍

「アロマテラピーの教科書」和田文緒著

「エッセンシャルオイル家庭医学事典」アロマツール社

アラサー女子が体験した効果的なダイエット法の数々を体験談として語っていきます

ダイエット体験談

当サイトを訪問してくださり、ありがとうございます^^

このサイトでは、アラサー女子(独身・彼氏なし)の私ちえみが体験した様々なダイエットの成功・失敗体験談と、ダイエット効果の解説をしていくサイトです。

ダイエットを始めたきっかけは姉が持ち帰る健康食品

正直に私のスペックを記すと、、、

  • 年齢・・・30歳♀
  • 身長・・・160cm
  • 体重・・・56キロ
  • 慢性的な肩こり、冷え性持ち

といった感じで、めちゃめちゃ太ってるのを想像した方、すみません(汗)。でもちょいポッチャリ系(体脂肪多め)です。はい。

数字だけ見るとそこまで激太りしているわけではない私がダイエットを始めたのは、姉が時々家に持って帰ってくる健康食品の試供品を食べたことがきっかけです。

姉は某健康食品メーカーの営業スタッフで、店頭や営業先で配る試供品の余りを家に持って帰ってくることが多く、当時、上京して姉と2人暮らしの大学生でお金があまりなかった私は姉が持って帰ってくる健康食品の試供品にだいぶ助けられていました。

そして、朝食と昼食は外で食べ、夜は姉が持ち帰った試供品を食べる日々を続けていると、あることに気づきました。

体重が逆に増えていることに・・・。

健康食品だから食べても太らないどころか美味しく食べれて痩せれるので一石二鳥!とばかりに食べていたのですが、余裕で5キロほど太っていました。

そんな体験から、

  • 健康食品やダイエット食品って本当に痩せるの?
  • リバウンドしないダイエットや美容法はないの?
  • ずぼらな私でも続けられるダイエット法の追及

といったことを考えるようになりました。そして、痩せボディを目指し、20代は学業や仕事の合間を縫って様々なダイエット法を体験してきました。そんな体験を徒然と語っていきます。

健康食品・ダイエット食品に求める効果

前提として、食べるだけで痩せるといった類の健康食品やダイエット食品はおそらく存在しないんじゃないかな、と思います。基本的に1日の消費カロリーを上回った時点で痩せることはないからです。

なので、健康食品やダイエット食品を使用したダイエットの場合は、以下の効果があるかどうかが重要です。

  • それを食べること・飲むことによって空腹感が紛れ、結果的にトータルの摂取カロリーを減らせるか
  • それを食べること・飲むことによって基礎代謝かカロリー消費効率が上がり、食べる・飲むことで得たカロリー分以上のカロリー削減効果があるか

前者はわかりやすいですよね。満腹感を得られることで、1日の食べる量が減るイメージです。後者は少しイメージしづらいと思いますが、例えば運動前なんかに摂取することによって、摂取しないまま運動をするよりも遥かに消費カロリーが増すような食べ物や飲み物などをイメージすると分かりやすいかもしれません。

ブラックコーヒーのカフェインなんかはまさにそれで、運動前にブラックコーヒーを飲むとカフェインが交感神経を刺激し、ドーパミンやアドレナリンを出すことで脂肪燃焼効果が高まったりします。

もちろん、運動の効率を上げるだけでなく、普段の基礎代謝を上げたり、排便を促したりする効果もダイエットに繋がりますので、健康食品・ダイエット食品に求められる効果の1つです。

私がおすすめする健康食品・ダイエット食品は青汁とスムージー

おすすめの効果がある青汁

健康食品・ダイエット食品を食べ続けて逆に太った(笑)私がおすすめできる健康食品・ダイエット食品は青汁とスムージーです。

この両者はさきほど書いた、飲むことで満腹感が得られてトータルのカロリーが減る効果と、代謝を高めたり消費カロリーを高めたりする効果の両方を得られると思います。

そして、何よりもただ飲むだけという気軽さが良かったと自覚しています。

実際に姉が試供品で持ち帰ってきた青汁を飲んでいた時期はドカっと体重が減りましたし、食べる前に飲んだら夕食があまり食べれないほどに満腹感を得られました。正直、姉の会社は多くの健康食品を扱っている会社のため、青汁も何種類か飲んだと思いますが、実際に痩せられた青汁は覚えておらず、姉に聞いてもわからずじまいでした。

青汁 ダイエット おすすめでネット検索したりして探してみましたが、正直種類が多すぎるのと、どれも一長一短があったり、体調や生活スタイルなどによっても合う合わないがあるような気がしています。

なので、まずは自分の体調や生活スタイルに合ったダイエット法を見つけて行き、無理のない気軽に手軽に行えるダイエットを探してみるのが1番な気がしています。

むやみやたらにダイエットをするのだけは避けましょう。

そこでこのサイトの記事内では、

  • 体験した結果痩せた体重と、実際に行った手順
  • 該当のダイエット法を行う上で注意すべき点
  • おすすめの人や、おすすめの方法

などを紹介できるよう心がけています。ぜひ、自分に合ったダイエット法を見つけてくださいね。