インナーマッスルって鍛えたらダイエットに効果的なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インナーマッスル ダイエット効果

結果:-400g/2ヶ月

近年、インナーマッスルのトレーニングによるダイエット法が人気です。インナーマッスルを鍛えれば代謝がアップして痩せるというものですが、実際にどの程度ダイエット効果があるのでしょうか。

今回は、インナーマッスルトレーニングがダイエットに本当に効果があるのか、詳しく解説していきます。

 

インナーマッスルとは?

サッカー選手などがトレーニングしていることで脚光を浴びたインナーマッスルですが、実際にはどの部分の筋肉かというのは意外と知られていません。

インナーマッスルは、体の奥深くにあり、間接同士をつないでいる小さな筋肉の事を言います。体の細かい動きを司る筋肉で、日常の動作には欠かせません。それに対して、一般的な筋トレで鍛える筋肉はアウターマッスルと呼ばれ、腹筋や背筋などの大きな筋肉の事を言います。

 

インナーマッスルのトレーニングは効果なし?

トレーニングでダイエットするためには、筋肉を鍛えて代謝をアップさせるのが基本です。しかし、実はインナーマッスルのような小さな筋肉をいくら鍛えても、代謝量やカロリー消費量はあまり変化しません。インナーマッスルは体の奥深くにある小さな筋肉なので、いくら鍛えたとしても、代謝をアップしてカロリーを消費させるほど筋肉が大きくならないからです。

ダイエットに効果を発揮するのは、アウターマッスルのような大きな筋肉です。大きな筋肉を鍛えれば、それだけ代謝もアップして、消費カロリーも大きくなります。そのため、インナーマッスルを鍛えるだけでは、直接ダイエットに結び付く効果は得られません。

 

インナーマッスルを鍛えるメリットとは

インナーマッスルだけを鍛えてもダイエット効果は低いですが、インナーマッスルにはアウターマッスルの動きを助けるという役割があります。そのため、インナーマッスルを鍛える事で筋トレのパフォーマンスが向上するというメリットがあります。

また、インナーマッスルを鍛える体幹トレーニングは普通の筋トレに比べて負荷が小さいため、普段運動をしていない方でも比較的簡単に始められます。筋トレに比べてダイエット効果は低いですが、インナーマッスルを鍛えることで、筋トレへの入門になります。

まとめ

インナーマッスルのトレーニングは、あくまでダイエットの補助的な役割で、それだけでは満足なダイエット効果を得ることはできません。

ダイエットのために代謝アップやカロリー消費を目的とするなら、アウターマッスルを鍛える筋トレに力を入れる方が効果的です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA