プロテインダイエットで痩せた奴が周りにいないのに、なぜか痩せると信じているアナタへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロテインダイエット_痩せない

プロティンダイエットをしたけど痩せない」と周りの人から聞いたことはありませんか。しかし、アナタが「痩せないのは体質のせいだろう」と思っているとしたら、大きな勘違いです。

実は、プロティンを飲むだけでは痩せないのが現実なのです。それは、どうしてなのかを解説します。

プロテインは痩せるための栄養素ではなく、ただのタンパク質

プロティンダイエットが流行ったとき、「飲むだけで痩せる!」という謳い文句がCMや広告に数多く掲載されていました。ですから、多くの人たちがプロティンは痩せる栄養素なのだと思い込んでしまったことでしょう。

しかし、プロティンとは英語で「タンパク質」のことです。プロティンの正体は、私たちの誰もが知っているタンパク質だったのです。

タンパク質は、生命を維持するために必要不可欠なものであり、筋肉や皮膚、髪などを作る作用があるといわれています。また、ホルモンや神経を正常に保ってくれる役割もあるため、不足すると心身に大きな影響を及ぼします。

つまり、タンパク質は私たちが生きるうえでの重要な栄養素であり、それだけで痩せることはできないのです。

プロテインを飲むだけでは痩せない理由

プロティンを飲むと代謝がアップするので、痩せると聞いたことがあるけれど…と言う人もいることでしょう。また、食事と置き換えることで、痩せると書いてあったのを見たという人もいるかもしれません。

しかし、これらも誤解による情報なのです。その詳細を、以下に見て行きましょう。

プロテインのみでは代謝アップの効果がない

プロティンは、代謝アップをさせるのではなく、筋肉を維持する働きがあります。つまり、筋肉量を増やしてくれるわけではないのです。代謝アップができるのは、筋肉量が増えたときです。筋肉量は、自然に消費されるエネルギーである基礎代謝量と密接な関係があります。そして、基礎代謝の多くは、筋肉で消費されているのです。そのため、筋肉量が増加すれば、基礎代謝量がアップすると言えます。

適度な運動をすると、基礎代謝量がアップしやすくなるため、運動と並行しながらプロティンを飲むことで、ダイエット効果が期待できるのです。

バランスを考えずにプロテインを飲んでも痩せない

プロティンダイエットは、1食を置き換えて飲むことが基本ですが、それだけでは痩せません。プロティン以外の食事で糖質が多いものを摂っていたり、食べ過ぎたりしているとカロリーがオーバーになり、逆に太ってしまうことがあります。

プロティンダイエットを行うときには、他の食事の摂取カロリーも視野に入れ、把握しておくことが大切です。特に、糖質は脂肪がたまりやすいので、1日の糖質摂取量は、「体重×1g以内」を目安にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA