産後ダイエットは産後6ヶ月まで?「成功の方法」と知っておきたい注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
産後ダイエット

ちなみに、私は未体験ですが、私の姉が最近赤ちゃんを産んでから1年ほどが経ち、「ダイエットしなきゃ」と言っていたので色々と産後ダイエットについて調べてみました。

産後はほとんどのママがダイエットを希望します。実際に体重が増えた人や体重は増えていないけど体形が変わったなど理由は様々です。姉も産後はお腹が出やすくなり、骨盤もなかなか閉まらないようで苦労してるようです。

いつまでも綺麗なママであるために産後の痩せ時期やダイエット方法を正しく知って、育児中でも苦なくダイエットを成功させましょう!

産後ダイエットは1ヵ月検診が済んでから

出産は自分が思っているよりも体に負担がかかっているものです。しばらく起き上がることも出来なかったというママもいます。中には大変だと聞いていたけど、全然つらくないと感じる人もいるでしょう。

しかし元気に感じるのは産後ハイ」という興奮した状態だからです。実際の体は大きなダメージを受けています。

まずはダイエットよりも体の回復を優先させましょう。産後1ヵ月を産褥期と呼び、この時期に無理をすると体が正常に働かなくなり、余計に痩せにくい体質になったり産後の尿漏れに悩まされてしまいます。

帝王切開の人は2ヶ月は様子を見ましょう

帝王切開で出産している人は傷口からの感染に気をつけなければなりません。手術を行っているのでダイエットなどは少なくとも産後2ヶ月間は行わないようにします。担当医の許可がでてからの運動、ダイエットとなります。

産褥体操というものがある

なるべく安静にしていなければいけないとは言うものの、全く体を動かさず寝ていては筋肉も衰え、血行も悪くなってしまいます。ダイエットというわけではないですが「産褥体操」をしておくことで、体の回復を促進しその後のダイエットに役に立つでしょう。

産褥体操は色々なものがありますが、産後2日後位からはじめられるものを1つ紹介します。自分の体調と相談しながら5セット~10セットほど行いましょう。

  1. 両足を伸ばした状態で仰向けに寝ます
  2. 両手をお腹の上に軽く置きます
  3. 自分の手をのぞき込むように頭だけを起こして一呼吸入れます
  4. 息を吐きながらゆっくり頭をします

産後は6ヶ月までが痩せやすい2つの理由

  1. ホルモンの分泌によるもの

妊娠中は胎児を守るために「プロゲステロン」という女性ホルモンが多く分泌されます。実はこのプロゲステロン脂肪をため込む作用があります。

そして産後は子宮の収縮作用がある「オキシトシン」というホルモンが多く分泌されます。オキシトシンは別名「幸せホルモン」と呼ばれ赤ちゃんに触れることで多く分泌されるのです。

ポイントはこのオキシトシンです。このホルモンは脂肪を燃焼させるものと言われていて産後6ヶ月頃までが多く分泌されるのです。

  1. 脂肪の質が違うため

妊娠中につく脂肪は流動性の落ちやすい脂肪です。この脂肪の特徴は水分量が多めで燃焼しやすい点にあります。しかし厄介なことに、時間がたつほどに落ちにくい脂肪へと変化してしまいます。そのため効果的に燃焼させるなら産後6ヶ月までというわけです。

産後ダイエットの方法とその効果

産後ダイエットのキーワードは4つあります。この4つの観点から産後ダイエットを紹介していきましょう。

  • 母乳育児
  • 食事方法
  • 運動方法
  • ストレス改善

母乳育児を積極的に行う

母乳が出ないというママもいますが、問題なく母乳が出るなら積極的に母乳育児を行いましょう。母乳育児は赤ちゃんの免疫力をつける効果もあります。赤ちゃんにもよりますが、1日に600kcal~800kcalを飲むと言われています。

完全母乳育児を行っているというママが痩せやすいのはそのためです。質のいい母乳をつくるためにもバランスのいい食生活を送りましょう。

食事方法

赤ちゃんの世話をしながらの生活はなかなか自分のリズムが取れずに、食生活も偏ってしまいます。料理をしている暇や体力がない、パンやファストフードで簡単にすませるというママも多いでしょう。

確かに手軽に摂れる食事は魅力的です、しかし手軽に摂れる物は高カロリーのものが多く、栄養も偏りがちです。妊娠時同様に食事は和食中心の高タンパク低カロリーものにしましょう。

とくに母乳育児を行っている人は脂質、糖質を多くとっていると乳腺炎になりやすくなります。

運動方法

育児中に運動する時間なんてない!というのが現状ですが、産後ダイエットの運動方法は隙間時間、育児と並行して(ついで)に行うのです。

赤ちゃんと一緒にヨガ

マタニティ期にヨガを行っていたというママも多いのではないでしょうか?実は産後ヨガも人気のあるものです。赤ちゃんを預けられないという人は子連れで行けるヨガスタジオも多いので、ぜひ一緒に楽しみましょう。

また自宅でも赤ちゃんを抱っこしてポーズをとったり、赤ちゃんを一緒のマットに寝かせてヨガを行うことが出来ます。

ヨガは体のゆがみを取り、体感部の筋肉をつける優れたダイエット効果があるものです。産後の開いた骨盤を戻すためにも産後ヨガはオススメの運動です。

散歩で痩せる

赤ちゃんの成長のためにも、散歩で刺激をあたえることはいいことです。ベビカーを押しながらゆっくり散歩を楽しみましょう。有酸素運動にするには20分以上歩き続けることです。より脂肪を燃焼させたいならお腹にぐっと力を入れて、姿勢を正して歩くようにします。

育児中はどうしても猫背になりやすくお腹がポッコリ出やすくなります。お腹に力を入れ姿勢を正せば、内臓が下へ落ち込んでくるのを防ぐことができます。

ストレスの改善

一番効果がないように感じるかもしれませんが、実は一番効果がある方法です!ダイエットの失敗はほぼ9割がストレスからくるリバウンド、ドカ食いだと言われています。

育児中はストレスがたまりやすいものです。ストレスがたまると満腹中枢が刺激されなくなり、いくら食べても食べた気がしないという状態になります。産後にストレス太りする人も少なくありません。

日ごろのストレスは、散歩をしたり、1人の時間をつくったりと自分なりの方法でうまく解消していきましょう。

産後ダイエットで気をつけたいこと

  • 産後1ヵ月はダイエットをせず体の回復を優先する
  • 母乳育児を卒業(卒乳、断乳)後はそれまで消費してたカロリーが減らなくなるので食事内容は栄養を維持しながら低カロリーに見直した方がいい
  • 運動は無理をせずに、出来そうなときにやる
  • ダイエットを絶対に成功させる!という強い思いがストレスになることもあるのでなるべく軽い気持ちで行う方がいい
  • 食事制限ダイエット(置き換えなど)は体の回復に影響し、育児を行う体力も奪ってしまうので産後は避けた方がいい

産後ダイエットは健康的に行いましょう

産後ダイエットで最も重要なことは「健康的」に行うということです。産後の栄養不足は母乳の質を落とし、体の回復を遅くします。ママが健康でないと赤ちゃんにも悪影響を及ぼすもの。無理のない範囲で出来ることをやるようにしましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA