コラム

産後ダイエットは産後6ヶ月まで?「成功の方法」と知っておきたい注意点

産後ダイエット

ちなみに、私は未体験ですが、私の姉が最近赤ちゃんを産んでから1年ほどが経ち、「ダイエットしなきゃ」と言っていたので色々と産後ダイエットについて調べてみました。

産後はほとんどのママがダイエットを希望します。実際に体重が増えた人や体重は増えていないけど体形が変わったなど理由は様々です。姉も産後はお腹が出やすくなり、骨盤もなかなか閉まらないようで苦労してるようです。

いつまでも綺麗なママであるために産後の痩せ時期やダイエット方法を正しく知って、育児中でも苦なくダイエットを成功させましょう!

産後ダイエットは1ヵ月検診が済んでから

出産は自分が思っているよりも体に負担がかかっているものです。しばらく起き上がることも出来なかったというママもいます。中には大変だと聞いていたけど、全然つらくないと感じる人もいるでしょう。

しかし元気に感じるのは産後ハイ」という興奮した状態だからです。実際の体は大きなダメージを受けています。

まずはダイエットよりも体の回復を優先させましょう。産後1ヵ月を産褥期と呼び、この時期に無理をすると体が正常に働かなくなり、余計に痩せにくい体質になったり産後の尿漏れに悩まされてしまいます。

帝王切開の人は2ヶ月は様子を見ましょう

帝王切開で出産している人は傷口からの感染に気をつけなければなりません。手術を行っているのでダイエットなどは少なくとも産後2ヶ月間は行わないようにします。担当医の許可がでてからの運動、ダイエットとなります。

産褥体操というものがある

なるべく安静にしていなければいけないとは言うものの、全く体を動かさず寝ていては筋肉も衰え、血行も悪くなってしまいます。ダイエットというわけではないですが「産褥体操」をしておくことで、体の回復を促進しその後のダイエットに役に立つでしょう。

産褥体操は色々なものがありますが、産後2日後位からはじめられるものを1つ紹介します。自分の体調と相談しながら5セット~10セットほど行いましょう。

  1. 両足を伸ばした状態で仰向けに寝ます
  2. 両手をお腹の上に軽く置きます
  3. 自分の手をのぞき込むように頭だけを起こして一呼吸入れます
  4. 息を吐きながらゆっくり頭をします

産後は6ヶ月までが痩せやすい2つの理由

  1. ホルモンの分泌によるもの

妊娠中は胎児を守るために「プロゲステロン」という女性ホルモンが多く分泌されます。実はこのプロゲステロン脂肪をため込む作用があります。

そして産後は子宮の収縮作用がある「オキシトシン」というホルモンが多く分泌されます。オキシトシンは別名「幸せホルモン」と呼ばれ赤ちゃんに触れることで多く分泌されるのです。

ポイントはこのオキシトシンです。このホルモンは脂肪を燃焼させるものと言われていて産後6ヶ月頃までが多く分泌されるのです。

  1. 脂肪の質が違うため

妊娠中につく脂肪は流動性の落ちやすい脂肪です。この脂肪の特徴は水分量が多めで燃焼しやすい点にあります。しかし厄介なことに、時間がたつほどに落ちにくい脂肪へと変化してしまいます。そのため効果的に燃焼させるなら産後6ヶ月までというわけです。

産後ダイエットの方法とその効果

産後ダイエットのキーワードは4つあります。この4つの観点から産後ダイエットを紹介していきましょう。

  • 母乳育児
  • 食事方法
  • 運動方法
  • ストレス改善

母乳育児を積極的に行う

母乳が出ないというママもいますが、問題なく母乳が出るなら積極的に母乳育児を行いましょう。母乳育児は赤ちゃんの免疫力をつける効果もあります。赤ちゃんにもよりますが、1日に600kcal~800kcalを飲むと言われています。

完全母乳育児を行っているというママが痩せやすいのはそのためです。質のいい母乳をつくるためにもバランスのいい食生活を送りましょう。

食事方法

赤ちゃんの世話をしながらの生活はなかなか自分のリズムが取れずに、食生活も偏ってしまいます。料理をしている暇や体力がない、パンやファストフードで簡単にすませるというママも多いでしょう。

確かに手軽に摂れる食事は魅力的です、しかし手軽に摂れる物は高カロリーのものが多く、栄養も偏りがちです。妊娠時同様に食事は和食中心の高タンパク低カロリーものにしましょう。

とくに母乳育児を行っている人は脂質、糖質を多くとっていると乳腺炎になりやすくなります。

運動方法

育児中に運動する時間なんてない!というのが現状ですが、産後ダイエットの運動方法は隙間時間、育児と並行して(ついで)に行うのです。

赤ちゃんと一緒にヨガ

マタニティ期にヨガを行っていたというママも多いのではないでしょうか?実は産後ヨガも人気のあるものです。赤ちゃんを預けられないという人は子連れで行けるヨガスタジオも多いので、ぜひ一緒に楽しみましょう。

また自宅でも赤ちゃんを抱っこしてポーズをとったり、赤ちゃんを一緒のマットに寝かせてヨガを行うことが出来ます。

ヨガは体のゆがみを取り、体感部の筋肉をつける優れたダイエット効果があるものです。産後の開いた骨盤を戻すためにも産後ヨガはオススメの運動です。

散歩で痩せる

赤ちゃんの成長のためにも、散歩で刺激をあたえることはいいことです。ベビカーを押しながらゆっくり散歩を楽しみましょう。有酸素運動にするには20分以上歩き続けることです。より脂肪を燃焼させたいならお腹にぐっと力を入れて、姿勢を正して歩くようにします。

育児中はどうしても猫背になりやすくお腹がポッコリ出やすくなります。お腹に力を入れ姿勢を正せば、内臓が下へ落ち込んでくるのを防ぐことができます。

ストレスの改善

一番効果がないように感じるかもしれませんが、実は一番効果がある方法です!ダイエットの失敗はほぼ9割がストレスからくるリバウンド、ドカ食いだと言われています。

育児中はストレスがたまりやすいものです。ストレスがたまると満腹中枢が刺激されなくなり、いくら食べても食べた気がしないという状態になります。産後にストレス太りする人も少なくありません。

日ごろのストレスは、散歩をしたり、1人の時間をつくったりと自分なりの方法でうまく解消していきましょう。

産後ダイエットで気をつけたいこと

  • 産後1ヵ月はダイエットをせず体の回復を優先する
  • 母乳育児を卒業(卒乳、断乳)後はそれまで消費してたカロリーが減らなくなるので食事内容は栄養を維持しながら低カロリーに見直した方がいい
  • 運動は無理をせずに、出来そうなときにやる
  • ダイエットを絶対に成功させる!という強い思いがストレスになることもあるのでなるべく軽い気持ちで行う方がいい
  • 食事制限ダイエット(置き換えなど)は体の回復に影響し、育児を行う体力も奪ってしまうので産後は避けた方がいい

産後ダイエットは健康的に行いましょう

産後ダイエットで最も重要なことは「健康的」に行うということです。産後の栄養不足は母乳の質を落とし、体の回復を遅くします。ママが健康でないと赤ちゃんにも悪影響を及ぼすもの。無理のない範囲で出来ることをやるようにしましょう。

 

コラーゲンを経口摂取しても効果があるようにする方法とは?

コラーゲンの効果について
  • ぷるぷるしてて肌に良さそう
  • 軟骨とか鶏肉とかに多い

と言ったらコラーゲン!なんか肌に良さそうですよね~♪

ここ最近、寒くなってきたので友達と鍋をよくやるんですが、いつも水炊きとか鶏肉系の鍋を推しちゃいます。

まぁ実際に肌に効いてるって感じはしないんですが(笑)今回はそんなコラーゲンについて、本当に肌に効果があるのか検証してみました。

コラーゲンって本当にお肌に効果的なの?

鶏肉や豚足、魚の骨などに多く含まれていると言われている「コラーゲン」。

「コラーゲンは美肌を作ってくれる」という解釈がなされているため、積極的に摂取している女性も多いのではないでしょうか。しかし、巷ではこんな噂も囁かれています。

それは、「コラーゲンは経口摂取しても意味がない」という噂です。これって、果たして本当なのでしょうか?今回は、そのあたりの概要に迫ってみたいと思います。

「コラーゲンの経口摂取は無意味」だと言われている理由とは?

「コラーゲンの経口摂取は意味がない」と言われている理由は、「コラーゲンの消化吸収のされ方」に問題があります。

コラーゲンは、 経口摂取したときに、そのままコラーゲンとしてお肌に浸透していくわけではありません。

ペプチドやアミノ酸といった成分に分解されてから吸収されるようになってます。しかも、一度に分解されるわけではなく、胃袋で大まかに分解された後に、十二指腸でさらに細かく分解されていくのです。 そこで、やっと身体の中に吸収されます。

ですから、身体に吸収された時には、コラーゲンとしての姿はすっかり消してしまっている訳なんです。したがって、やみくもにコラーゲンを食べても、美肌を目指すことはできません。

経口摂取でコラーゲンを吸収するためには?

しかし、食べ方を工夫すれば、経口摂取でもコラーゲンを摂取できないわけではありません。

この時に意識するのは、「ペプチドコラーゲンを摂取すること」です。

先ほど、「コラーゲンは分解されていく」という説明をしましたが、その中に「ペプチドに分解される」という説明がありましたよね。

ペプチドコラーゲンは、既にある程度分解されている状態に近いコラーゲンなので、身体の中で必要以上に分解されることなく、 体内に吸収することができます。

実際に、日本人を対象にしたペプチドコラーゲンの実験が行われており、ペプチドコラーゲンを4週間ほど摂取した人は、皮膚の水分量が向上していることが分かっているのです。

ペプチドコラーゲンの摂取はどうするべきか?

ペプチドコラーゲンは、ドリンクやサプリメントで摂取するのがおすすめです。

これらのアイテムを 購入する時には、必ずペプチドコラーゲンが含まれているか確認しましょう。

もちろん、これには 個人差が見られるので、 絶対効果がある とは言い切れませんが、コラーゲンを経口摂取する際の参考にしてみてくださいね!

正しいアンチエイジングとアンチエイジングダイエットの効果について解説

正しいアンチエイジングとアンチエイジングダイエットの効果について

そもそもアンチエイジングとは?

アンチエイジングとは、歳をとることで衰える身体的な機能の衰えを可能な限り防ぐための医学的・科学的なアプローチの総称です。言い方が難しいですが、例えば身体の酸化を防ぐためにビタミンCがたっぷり含まれた食事を摂ることもアンチエイジングの一種なんです。

とても気軽に始められるのが特徴です。今回はこのアンチエイジングを取り入れたダイエット法を紹介しちゃいます♪

なんでアンチエイジングが必要なの?

日本は年々寿命が延びて今では「長寿の国」と呼ばれていますが、一方で「寝たきりの国」とも言われています。つまり、健康で長生きする人が少ないということです。60歳を過ぎてからもまだ 20年30年と生きるのが普通と考えると、いつまでも健康でいたいですよね!

そのためにも、まずは病気を予防するのが第一であり、病気の大きな危険因子のひとつが老化なのです。逆を言えば、老化を防いで若い体を保つことは病気の危険因子を減らすことにつながります。だからこそ、いまアンチエイジングが注目され、大切なのです。

アンチエイジングではどれくらい若返るの?

アンチエイジングでは、10歳若返ること、老化に対抗できると言われています。アンチエイジングというと、何だか肌がプルプルに!などというイメージがあります。私も調べる前までは主に肌に関係することなのかと思っていました。

ですが、肌は実は最後で、身体の中からのアンチエイジングをまずしてから、それから肌の方に移っていくということです。その年の最高の健康状態にもっていくこと、それをオプティマスヘルスといいますが、これをすると10歳若返ることが可能と言われています。

アンチエイジングダイエットとは?

アンチエイジングダイエットは、単なるダイエットが目的ではなく、身体の中から若返ることで、健康的であり自然にウエイトコントロールができるスマートな身体を作るダイエットです。

巷に溢れかえっている、あるひとつの食材でのダイエットや無理な運動では、一時的に結果が出たとしても必ずリバウンドが起こります。そして理想体重になったしても、女性ホルモンのバランスが崩れて老けて見えたり、痩せすぎによることで女性らしい体つきでなくなったりすることがあります。

そもそも英語で言うところのダイエットとは、健康で美しくあるための正しい食事のことを指すので、これとはほど遠いことはお分かりになると思います。

では、アンチエイジングはどうしたらいいか?

では、各々の年齢の最高の健康状態「オプティマスヘルス」の状態にもっていくにはどうしたらいいのでしょうか。

それは老化曲線をゆるやかにする、またはストップすることができたら良いということです。老化すると特に代謝、免疫力、抗酸化が低下していきます。逆に言うと、この3つの機能の低下を抑え、回復することができれば、老化をストップすることができる。つまり、アンチエイジングになるわけです。この3つの機能の低下により、下記のことが体内で起こります。

  • ① 細胞分裂の減少
  • ② 身体や細胞の消耗
  • ③ 身体のさび(身体の酸化)
  • ④ ホルモン分泌の低下
  • ⑤ 老廃物の蓄積
  • ⑥ 遺伝子の損傷、修復エラー

などなどがあります。あげるときりがありませんね。これらをひとつでも少なくする方法のひとつとしてデトックスがあります。

アンチエイジングのためにまずすることは?

アンチエイジング!若返りたい!と思って、アンチエイジングの医療機関などに行くとまずなにをすると思いますか?カウンセリング?血液検査?いいえ、違います。「髪の毛を1本抜いてください」と言われます。

髪の毛にたまっている有害物質を調べることで、その方の体内にたまっている有害物質を調べることができるからです。この体内にたまっている有害物質を取り除かないことには、アンチエイジングはできないということです。いったい何が蓄積されているのでしょうか?環境汚染や、人体汚染から体内に入ってくる有害ミネラルです。具体的にどのようなものから入ってくるかというと、、、

タバコ、排気ガス、汚染された食品、汚染された魚介類、飲料水、缶詰製品、毛染め、塗料、残量農薬、除草剤、アルミ製品、殺虫剤、制汗剤、大気汚染、日用品など

これらのものから、

カドミウムや水銀、鉛、ヒ素、アルミニウム、ベリリウムなど

が蓄積されています。これには私も驚きました。ひとつひとつの物質を見ると危険なものばかりですよね。ヒ素なんかは、過去に起きた「カレー事件」で記憶に残っている方も多いと思います。

これらが体内にたまっているなんて!という感じです。しかも、日本人は特にカドミウムや水銀をため込んでいる人が多いそうです。微量だから大丈夫というわけではなく、蓄積によって重大な病気を引き起こします。

デトックスしないことによる弊害

  • カドミウム・・・腎臓に作用して腎臓機能障害をおこし、カルシウムの排泄や再吸収の仕組みに障害が起こり骨の異常に繋がります。
  • 水銀・・・長期の蓄積で中枢神経に作用して脳細胞に重篤な影響を及ぼします。子供の神経系の障害やアトピー性皮膚炎、認知症に繋がる可能性があるのです。

特にカドミウムや水銀はため込んでいる人が多いです。微量だから大丈夫というわけではなく、蓄積によって重大な病気を招きます。また、太りやすい体質も有害物質によるものが大きいと言われています。しかも、ほとんどの日本人は警戒すべき状態にある人が多いそうです。

アンチエイジングをしたい!からではなく、これらの有害ミネラルを体内から出すことは日本人にとって必須と言っても過言ではないと思います。デトックスを軽く考えている方もまだ多いのが事実ですが、調べていくとかなり重要なのがお分かりになると思います。

私のアンチエイジング体験談

私は、高校生時代に摂食障害になり、それから腎臓病になりました。そのことは大きくなってもトラウマになって、あまり人には言えませんでした。

ですが、アンチエイジングの勉強をして、私がなぜ摂食障害になったのか、そして腎臓病になったのかが初めて理解できました。私と同じような体験の人は増えて欲しくはないので、この経緯についてご説明します。高校生時代のホルモン分泌が活発に行われる中、ストレスや過度の運動で、ホルモンバランスを崩しました。そして摂食障害になりました。

その当時、今では考えられないようなものを食べていたのです。それは、何かというと「石」です。バリバリと食べていました。いわゆる、摂食障害から発症する異常食と呼ばれるものです。自分でも異常な行動ということは百も承知でしたし、身体に悪いということはもちろん分かっています。でも、身体が欲するのでやめられないのです。

アンチエイジングの勉強をしてようやく分かったのですが、要はミネラル=亜鉛が不足していたのです。そして、亜鉛が不足することにより摂食障害は起こります。そして異常食になったのは、亜鉛と非常に似ている元素構造のカドミウムの存在です。

当時、農薬漬けの石や観葉植物なんかにあるような軽石を食べていました。農薬というとカドミウムが含まれているので、そのカドミウムを自分の身体の中に足りてないミネラル分(亜鉛)と勘違いをして、補充しようとしていたのです。

案の定、腎臓機能障害を起こし、ネフローゼという重篤になる手前まできました。同時に貧血にもなったので、何週間か病欠になり、復活をしても体育や部活は見学するということがよくありました。そうなると、精神的にもとてもつらくなり、身体と心というのは密接なのだということが本当に分りました。私の高校時代はあまりいい思い出はありません。

このように、高校時代に身をもって健康の大切さを感じたので、いまでは本当に健康オタクになっています。と同時に、ホルモンバランスを崩しやすい10代の年齢の子どもをみると、栄養が本当に足りているのかとても気になります。高校時代は、特に偏食もなくバランスのいい食事を摂っていたのにも関わらずこういうことになったので、やはり外部からの有害ミネラルの侵入、特に毎日気にせずに摂っている食べ物や、日用品に含まれるものが大きな影響を与えるということを身をもって実感しました。

入れない→出す→入れるの健康法が大事!

このような体験から、まずは身体に要らないものをできるだけ入れないこと。そして、それができたら身体の中にある有害ミネラルを出すこと。その上で身体にとって良いものを入れていくこと。この入れない→出す→入れるの3ステップが非常に大切だということが分りました。具体的に説明すると

入れない→口や鼻、そして皮膚から粗悪な化学物質をできるだけ入れないようにする。
オーガニック製品の環境下で生活をする。食べ物や日用品などに気を使うということです。

出す→デトックスする。ヨガや岩盤浴、サウナなども汗としてデトックスできますが、汗からは排出量が少量なので長期継続が大前提です。誰でも気軽にできる方法としてミネラルドリンクのサプリメントの摂取をおススメします。

入れる→現代の野菜や果物などでは栄養を十分に補えないことから、安全で良質なサプリメント摂取をおススメします。

今では普通に①入れない②出す③入れるを日常的に取り入れています。

結果、有難いことに本当の意味での強い身体を作ることができているので、病院にお世話になることがほとんどありません。巷では、③の入れることばかりが氾濫しているように思いますが、③の前に①入れない②出すことが重要なのです。

この①と②をしないことには、せっかく良いものを入れても効果が半減します。勿体ないですよね。

この3ステップの健康法は、私が摂食障害から腎臓病になり、それからアンチエイジングの勉強をしてたどりつきました。アンチエイジングは、単なる若返りだけではありません。実は、最新の予防医学になるのです。心身共に健康になればストレスからも解放されます。

ストレスによる食べ過ぎなども抑えることができるので、ゆくゆくはダイエットに繋がっていくのです。アンチエイジングダイエットとは、痩せることが目的なのではなく、人間本来の力を呼び起こすことで、心も身体も健康的になり、お肌も髪もツルツルになり、ウエイトコントロールをしながら美しく年を重ねていくことを意味します。アンチエイジングダイエットで、みなさんのこれからの人生がもっと健やかになっていくことを願っています。