べジファーストダイエットを毎食行えば、脂肪がつきにくくなる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【体験結果】-2kg/3ヵ月

数ある食事に関するダイエットの多くは何かの食べ物をずっと食べたり、食べなかったりといった何かしらの制限が加わるものですが、べジファーストダイエットは、食事制限をするものではありません。食事の食べる順番を変えるだけのものなので、すぐに始められるダイエット法です。

それだけで痩せる?と思う人がいるかもしれませんが、食事は日に3回、1ヵ月では90回以上も食べています。小さな積み重ねで確実に痩せていく方法です。

べジファーストダイエットとは?

べジファーストダイエットとは毎回の食事の際に、食べる順番を変えるダイエット方法です。実は同じ食事の内容でも、食べる順番によって脂肪がつきやすくなったり、つきにくくなったりするものです。

同じものを食べるなら脂肪がつきにくい食べ方をしたほうがいいですよね。私はこの方法を知ったとき衝撃を受けました。なぜなら私は「太りやすい」食べ方をしていたからです。べジファーストの食べ方にしてから食べる量も自然に減った気がします。

べジファーストダイエットの食べ方

  1. 食物繊維を食べる(野菜や汁)
  2. タンパク質を食べる(お肉や魚などの主菜)
  3. 炭水化物を食べる(ご飯やパンなどの主食)

毎回の食事で上記の順番を守るだけでいいんです。この順番で食事をすることで、血糖値の急激な上昇を抑えることが出来ます。主食を先に食べるという人が結構多いのではないでしょうか?またはおかずと一緒に主食も同時に食べる、など。もちろん、私もその一人でした。

プラスαの効果的な食事法

炭水化物の質を変える

食事内容で気をつけたいのが「炭水化物」です。ダイエット時に炭水化物を減らす人が多くいますが、あまりに減らしすぎると体にとってデメリットとなってしまいます。

炭水化物は体内に入ると消化吸収されブドウ糖になります。ブドウ糖は、脳や中枢神経系などのエネルギー源なるものです。

極端に減らすと脳に栄養がいかなくなり、ボーッとなってしまいます。私も糖質制限ダイエットをしていた時、仕事中にずっとパソコンをボーッと眺めていて、隣の同僚に言われるまで気づかないことがありました(反省)。

また、足りない糖質を補おうとして肝臓に貯えていた糖質を無理矢理分解してしまうので肝臓機能低下という事態に陥るケースもあります。炭水化物は極端に減らすのではなく質を変えて摂取するようにしましょう。

  • パスタ、菓子パンなどの高カロリーのものをやめる
  • 白米→玄米、食パン→全粒粉パンにするなど「茶色いもの」にする

「茶色いもの」は食物繊維やビタミンが豊富に含まれています。ゆえにGI値(食品が糖に変化し、血糖値の上昇するスピード)が低く脂肪がつきにくいのです。

時間をかけて食べる

「早食いは肥満のもと」と言われるように、食事はゆっくり食べる方がダイエットにいいとされています。食べ物が体内に入り15分経つ頃にようやくブドウ糖が満腹中枢に届き満腹感を得ることが出来ます。ゆっくり食べることで、満腹感を感じ食べ過ぎを防いでくれます。

べジファーストの食べ方はなぜ痩せるのか

痩せる3つの理由

  • 食物繊維を先にとることで血糖値が上がりにくくなる
  • 満腹感が得られて食べ過ぎを防止できる
  • 栄養素がそろうことで燃えやすい体になる

食物繊維を先にとることで血糖値が上がりにくくなる

ご飯やパンなどの炭水化物を先に食べると血糖値が急上昇します。血糖値が上がると体内の糖分を減らそうと、過剰なインシュリンが分泌され脂肪がつきやすくなります。インシュリンは糖を脂肪へため込んでしまうのです。

食物繊維を先に食べることで、消化や吸収のスピードがおち血糖値が急に上昇するのを防いでくれるのです。またゆっくり消化していくので腹持ちもよく空腹感を感じにくくなります。

 

満腹感が得られて食べ過ぎを防止できる

食物繊維を摂取することで噛む回数が増え満腹感を感じやすくなります。また汁を先に飲むので胃が満たされ、空腹によってドカ食いすることを防いでくれます。

実際に私も「なんだか今までよりも満腹感を感じるな、胃が小さくなったのかな」と思っていました。胃が小さくなったのではなく満腹中枢が刺激されていたのです。

フランス料理や旅館の料理みたいに、少しずつ出てくる料理を食べた経験がある人はイメージしやすいかもしれません。あれって食べ終わるのに30分~1時間くらいかかりますよね?一皿一皿は全然量なんかないのに、メインの肉料理が出て来る頃には、そこそこの満腹感を感じていると思います。

まさにあの体験こそが、ゆっくり食べるゆえに腹持ちがよくなり、満腹感が得られるという証明だと思います。

栄養素がそろうことで燃えやすい体になる

ダイエット時によくある事ですが、食事のバランスが崩れ必要な栄養素が不足してしまうケースがあります。

体は必要な栄養素がそろって初めて燃焼を開始するのです。栄養素が欠けた状態では体は燃焼することが出来ず、栄養素を補おうとため込みを始めます。ダイエットしているのになかなか痩せないというのは栄養素の不足によるものです。

ですが、べジファーストダイエットを行うことで自然と食事のバランスが整ってきます。栄養素が十分に足りている状態なので体は燃焼を始め、痩せやすい体へと変化していきます。

べジファーストダイエットを失敗しないための注意点

べジファーストダイエットは食事制限ではないので副作用や健康被害などはありません。むしろ生活習慣病を防止するために推薦されている食事法です。

しかし1つ注意したいことは、最初に食べる食物繊維の量です。ほんの少しだけ食べればいいと思ってしまう人がいるようです。きゅうりを一切れ、漬物を一切れなど。

食物繊維は出来るだけたっぷり摂りましょう。少なくともお茶碗1杯以上は摂りたいものです。また自分でサラダをつくる場合は、少し大きめにカットすることで、噛みごたえがあり満腹を感じやすくなります。

【まとめ】順番を変え、ゆっくり食事をすれば痩せる!

べジファーストダイエットは不規則な食事をしていた人ほど効果があるものです。これを機会に食生活を見直し、べジファーストのゆっくりした食事に変えていきましょう。体は穏やかに変化し数か月後には痩せ体質の自分に変化していると思います。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA